FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yumix TKTK
 
[スポンサー広告
風が強く吹いている

だいたいお正月に見ている箱根駅伝。いつもドラマがあって、特にひいきのチームがいない私でも、つい応援に熱が入ります。

このお話は、たった10人で4月に箱根駅伝を目指して、翌年の1月に参加してしまうなんて、かなり無理がありそうな設定ですが、とてもおもしろくてお話の世界に引き込まれます。

中学時代、水泳の長距離選手だった、私にはかぶるところも多くて、懐かしい反面、あの頃の辛かった練習のことを思い出します。
毎日10kmをほとんど休みなしで、泳いだあの頃。その練習のかいがあって、決して運動神経が恵まれてるわけでもないのに、地区大会では表彰台の一番上に上ることができました。

中学時代のスパルタ式の練習に慣れていた私は、部活推薦で入学した高校の水泳部の顧問の指導になじめず、幽霊部員になりました。
今思うと、本当に精神的に弱かったなぁ・・・。なんだか、そんな自分と主人公を重ね合わせてみたりして・・・。

この本を読んで、ホント、スポーツしたいなぁ。って思いました。自分の体の極限まで傷めつけたい・・・。なんて、ちょっとマゾっぽい?(笑)
スポンサーサイト
Posted by yumix TKTK
comment:0   trackback:0
[おでかけ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yumix1201.blog50.fc2.com/tb.php/134-6b14a37b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。